間取り

限られた空間の中で、間取りの中にあれもこれも盛り込むのはなかなか難しいですよね。また、できるだけ住みだしてから「こうしておけばよかった」とならないようにしておきたいものです。ここでは間取り造りの際に考えておきたいことをお話しします。

家族構成とライフスタイルの再確認

マイホーム造りは家族全員が快適に暮らせる空間を保つことを第一に考える必要があります。憩いの場であるマイホームは家族がリラックス出来る場であることと個人のプライバシーが守られていることが重要です。そ…

家事動線の見直し

まず、生活に必要な部屋を全てパーツごとに書き出してみればよいでしょう。こうすることによって、間取りと動線をどのようにすればよいかまとまって考えやすくなります。例えば、玄関は道路側のいつ誰が通っても…

家具の配置も同時検討

家造りにおいて間取りを決めるのは大変な作業です。どのような部屋を確保したいか、子ども部屋はどうするかなど短絡的な思考ではなく長期を見据えなければいけません。色々な可能性を模索しながら考えるので、頭…

インテリア

「○○スタイル」や「○○風」を統一

多くの人にとって家造りは一生に一度の大きな買い物です。そのため内装だけでなく外観にもこだわる事が多いですが、建てた後で事前の想像と違い、落ち込む人も中にはいます。そのような事態を避けるためにもある…

色見本はより大きいもので確認

マイホームの購入で自分の理想の家を建てるためには注文住宅というスタイルで建てるのが最も良い方法です。注文住宅で家を建てることができれば、自由に決めていけることが多く、結果的に自分の理想通りの家が完…

お手入れの仕方も同時検討

理想的な家造りをするために重要なのが、快適な住まいを維持しやすいような設計にすることです。お手入れのしやすさについても考慮して、マイホームを手に入れてからずっと快適に住めるようにしましょう。住宅全…

ローコスト住宅とはどういった物のこと?

ローコスト住宅とは、広さおおよそ35坪で価格が1000万円台、坪単価20万円から40万円程度の住宅のことをいいます。材料の一括購入や施工にかかわる業務の効率化などにより、低価格を実現しています。